カードローンの種類と借入方法

カードローンの種類と借入方法

カードローンの種類と借入方法

カードローンは現金を貸出してくれて、それをその後少しずつもしくは一括で返済していく便利なサービスです。そのタイプには様々なものがありますが、主に銀行が貸し出してくれる銀行系カードローン、クレジット会社などが発行するクレジットカードにキャッシング枠がつく信販系カードローン、そして、消費者金融のカードローンなどがあります。すぐさま現金が必要でなかったとしても、万が一まとまった資金が必要になったときなどに困ることがありません。

 

自分はお金を計画的に使っているのでお金に困ることなどないと思っていても、たとえば入院などに備えておくことも大事です。入院費用などは保険で賄えると思っている人が多いのですが、まずは自分でお金を医療機関に支払ってそのあとに保険会社から費用が払われるということもあります。一時的とは言ってもお金を自前で用意しなければならないこともありますので、このような場合に備えてカードローンの枠だけでも持っておくという方法を取っている人も多いのです。カードローンは与信枠として30万円や50万円、さらに100万円などの枠を持つことができる場合が多く、いつでも必要に応じてこの範囲内で現金を引き出すことができるのですが、枠を持っているだけであれば利息はかかりませんし、維持費用などもかかりません。そのため、万が一のために持っておくだけでも良いのではないでしょうか。

 

また、そのほかにもいつ何時、お金を必要となるのかはわからないものですから、このような枠だけでも持っておいてもいいと言えます。もちろん、今すぐにお金が必要ということであってもスピーディーに審査をおこない、融資を実行してくれるケースも多いので、そのような場合であっても安心です。いずれにしても、カードローンには様々なタイプがありますので、まずは自分に合ったものを選ぶようにしてください。

 

銀行系、信販系、消費者金融系とありますが、それぞれに異なるメリットがありますし、その借入方法などの利便性を考えた場合には自分にとってベストなタイプもわかるはずですから、自分に合ったものを選んでみてください。借入方法が不便であるといざ使い始めてから面倒になってしまいますので、コンビニなどで借り入れや返済ができるのかどうかなど、融資後のことまで考えて各社を比較してみましょう。また、カードを増やしたくないならば自分がすでに使用している銀行で申し込むなどの方法もあるので、まずは比較しながら検討していきましょう。

 

プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)
 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分